贈りやすい焼き菓子のギフト

ちょっとした贈り物をしようとするときに、どのようなものにすればよいか悩むことがあります。ものとして手元に残るものでは、相手の趣味に合わない場合迷惑になることがあるので、食べ物などにしようと思うことが多いのですが、それもまた悩みどころでもあります。渡せる日がはっきり決まっているならば良いのですが、必ずしもそうでないことも多いためです。特に職場などに持っていこうとするときに、その日に出ているスタッフばかりではなく、すべてのスタッフにお渡しできるのが一週間以上先だったという事もよくあります。そのため、日持ちがするという事がギフトを選ぶ際の大きなポイントとなるのです。

そこでよく使うのが焼き菓子のギフトです。焼き菓子なら日持ちするものも多いので、ある程度渡すまでに時間がかかってしまっても問題ないのがありがたいものです。生ものだと冷蔵、冷凍など保管にも気を遣うのですが、焼き菓子のギフトなら常温で保管できるものも多いので職場に冷蔵庫がなかったり購入後しばらく間が空いてしまうときには使いやすいのです。
焼き菓子のギフトは個包装のものが多いのもポイントです。一つ大きなものを購入してみんなで分けてたべることもできますし、食べる分だけ開けて後はしまっておくという事もできます。思いがけない時にもらったギフトというものは嬉しい反面、食べたり使ったりという事が自分の意思だけではどうにもならないので迷惑に感じることもあります。その点、賞味期限が長く保管がしやすい焼き菓子ならタイミングを気にせずに贈ることが出来るというメリットがあるのです。そのため、ギフト選びに迷ったら焼き菓子を優先的に選ぶようにしています。

詰め合わせなども比較的豪華に見えるものも多く、コストパフォーマンスも良いと感じています。特にパッケージなどに凝っている焼き菓子も多いので、見ているだけで楽しいものも多いものです。そういった意味でもギフトに向いているアイテムではないかと思っています。

何よりうれしいのは、詰め合わせの量を変えることで柔軟にギフトの量や値段を調整できるという事です。ギフトと一口に言っても個別にちょっとだけ贈りたいときと、大きく豪華に贈りたいときがありますが、そういったニーズの違いにも対応させやすいのが焼き菓子なのです。
焼き菓子は贈る方にも送られる方にもうれしい点が多いものです。これからも焼き菓子のギフトを多く使っていきたいと思っています。