通販のお悩み 過剰包装について

通販で頼めば頼むほど溜まっていくダンボール


通販って本当に便利なのですが、ついつい頼みすぎてしまって頭を悩ませられるのがダンボールなんです。
なんというか、商品が壊れたりしないように頑丈に梱包してくれるのは嬉しいですし、プチプチなどでしっかりと保護してくれるというのもありがたいのですが、なかなか捨てる機会を失ってしまうんですよね。
特にゴミの日が決まっているという人は、ダンボールや梱包資材ばかりが部屋を汚染していってしまうということもあるのではないでしょうか。
梱包してくれるのはありがたいですが、処理するのも自分なのでできればもう少しなんとかしてくれないかな…というのはいつも思ってしまうことですよね。

届いたらすぐにダンボールをまとめればいいとはいうけれど


一番良いのは、商品が届いたらすぐにダンボールは解体して、捨ててしまうということです。でも、そんなに簡単にダンボールを捨てることができないという環境にいる人も多いですし、すぐに商品を使わない、ダンボールは届いてすぐに開けないという人もいます。
そのため立て続けに頼んでしまったという人は、ずっとダンボールが溜まった状態になってしまうんですよね。
しっかり梱包してくれるのはそれだけ丁寧な対応をしてくれているということでこちらとしても非常に助かりますが、梱包資材を大量に使っているのってある意味「エコじゃない」なんて思ってしまう人もいるようです。

簡易包装を選ぶとかなり手間が省ける


最近ではそんな消費者の悩みを受けて、包装を極力最低限のものして発送する都いうスタンスを取っている企業もあります。
最低限の包装というのは、その商品が壊れないようにするためだけに梱包し、必要以上に資材を使わないというものです。
無駄にプチプチを大量に入れて大きな箱で発送するのではなく、商品が入るだけのサイズのダンボールに、最低限のプチプチ、あるいはビニールなどでしっかりと固定して届けられることが多いですね。
また、中には商品にそのまま伝票を貼り付けて送ってくれるところもあります。これだとダンボールを解体したり捨てるのに困るという悩みは一気になくなりますね。
ただ、商品の外箱に伝票が貼られて届くということは、頼んだものによっては何を買ったかが周りに知られてしまいます。
あまり気にしない人ならいいのですが、「ちょっと周りに知られたくないものを買ってしまった」という時などはそういった簡易包装は嫌がられてしまうこともあるのです。
こればかりはユーザーによって希望はまちまちですが、私としては包装は「商品が壊れない程度に、できるだけ処分しやすい量で」お願いしたいなと思っています。