我が家の紙コップ活用術!

 我が家では、紙コップを常備しています。お泊まりで旅行の時はもちろん、常に車の中に車の中に用意しておきます。子供は、買い物などの用事が長引いたりすると、しょっちゅう「のどが渇いた。ジュース買って!」といいます。そんな時、紙コップがあれば、一本をみんなでシェアする事ができ、ひとり1本ずつ買うよりも経済的です。

 また、これから夏にむけて、暑くなってきます。お出かけの際には、こまめな水分補給が必要となってきます、家族に、ひとり一本ずつ水筒やペットボトルの飲み物を持ち歩くのは重くて大変です。その点、紙コップは軽くて持ち運びにも便利です。紙コップを利用してみんなでシェアして、足りなくなったら買い足すようにすれば、荷物も減りますし、いつも冷たくておいしい状態で飲むことができます。

 その他、お盆や年末年始など、人がたくさん集まるときに紙コップが大変重宝します。毎年、12月31日の大みそかには、午前中から親戚が集まり、夜中の年越しまでみんなで過ごします。この日は、おせち料理やお正月の準備・夕飯や年越しそばの準備と、朝から大忙しで、なかなかお客様に気を使ってばかりもいられません。そんな時、お茶やジュースなど飲み物と紙コップを、あらかじめテーブルに置いておきます。お客様に紙コップなんてと思うかもしれませんが、今はカラフルでかわいい紙コップもたくさんあります。子供たちは、パーティーにみたいと大喜びです。ガラスのコップと違って割れる心配もないので、小さな子がいても安心して自由に使ってもらえます。また、大人も、いつでも気兼ねすることなく、飲み物を飲んでいただけます。

 また、人が大勢集まると、後片付けも大変です。お客様が帰った後に残った大量の洗い物の山。招かれた人も気を使ってしまいますが、みんなで手伝うといっても、キッチンには、そんなに入れません。その点、紙コップなら集めて捨てるだけなので、簡単です。

 お友達の家に遊びに行くとき、お菓子や飲み物を持ち寄りますが、大勢が集まる場合には、かわいい紙コップも添えてみてはいかがでしょうか。招く側としては、なかなか「紙コップでいい?」とは言いづらいものです。でも、差し入れの中にかわいい紙コップがあると「せっかくだから、みんなでこれを使おう!」ということになります。紙コップがあれば、コップが足りなくなって何度も洗う手間が省けます。招いた側の負担を少しでも減らせば、みんなが座っておしゃべりができ、より楽しい時が過ごせます。